保険で守る今後の明るい生活|保険見直し本舗

Insurance

保険に加入する際

うつ病と保険の関連性に注目すると、本人の判断能力を踏まえた契約が必要だという部分が見えてきます。なぜなら、会社や代理人が、顧客がうつ病患者であると知りながら契約を勧めた際にはペナルティが課されます。このように医療保険は精神疾患患者にとって必要ではありますが、なかなか契約が難しいものとなっています。 また、うつ病などの精神疾患に関する手術・入院・けがなどに関しては適用されないことが一般と比べて多いので、精神疾患患者が加入することは健常者が加入する場合に比べて条件が不利であり、損をしてしまうことが多いです。

それではうつ病などの精神疾患を患っている場合、保険に加入することは不可能なのでしょうか。それは違います。近年うつ病患者が年々増加していることもあり、保険会社もそれに対応し始めています。 医療保険には、「引受基準緩和型」という種類があり、これは、通常の医療保険と比べて、保険に加入する際の審査の基準が緩くなっています。しかし、この引受基準緩和型の医療保険は通常に比べて金額が少し高めになってしまいます。しかし、精神疾患患者であっても、がんなどの病気になった際、保険が適用されるのと適用されないのとでは金額が大きく変わってきます。加入しておくだけでもその際のお金の面での安心はかなり違うので、引受基準緩和型の加入も考えてみてはいかがでしょうか。
諦めることなく、様々な保険会社を検討して、うつ病という部分をカバーしてくれる契約を提案してもらえる商品を探すのがポイントです。

Copyright (c) 2015 保険で守る今後の明るい生活|保険見直し本舗 all reserved.